京姫酒造

コラム

十石舟

2017年4月13日  kyohime_c  京都の街 

京姫の隣の濠川(宇治川派流)に十石舟(じゅっこくふね)が通っています。3月末~12月初旬まで運行しています。土日は予約でいっぱいのようですが臨時便が数本運行されていますので朝に予約して周辺観光がおススメです。
十石舟の「十石」とは、1石(こく)=1升瓶×100本分。10石は1升瓶1,000本乗せる事ができる舟になります。運行日が少ないですが三十石船も近くの乗り場から運行されています。三十石=1升瓶3,000本。さすがに飲みきれませんね。
昔は瓶がなかった頃は樽が主流でしたので4斗樽を積んでいたようです。1斗=1升瓶×10本。
1合(180ml)、1升(1,8L)、1斗(18L)、1石(180L)。

舟は出発し桜並木を通っていくと右側に寺田屋が少しだけ見えます。船頭さんが教えて頂けるので見逃さないように注意です。15分くらいで三栖閘門で一度下船します。伏見周辺の昔の地図など15分くらい見学し再び乗船し元の場所まで遊覧致します。

おススメの時期は何といっても桜の時期です。この時期はウエディングドレスを身にまとった仲睦まじいカップルが撮影にもくるスポットとなっています。川の両側に紫陽花が咲き誇る6月もおススメです。
伏見観光のおすすめスポットです。