京姫酒造

コラム

2017年03月の投稿

今年も十石舟・三十石船が走ります

2017年3月23日  kyohime_c  京都の街 

今年もこの時期がやって参りました。伏見の春の名物?とも言える十石舟と三十石船が今年も3月25日(土)から運行が始まります。濠川と宇治川を結ぶ宇治川派流を運行します。ちょうど京姫酒造の裏側になります。十石舟は約55分、三十石船は役40分の船旅となります。川の両側には桜が植えられていますのでその時が一番のきれいな時期になりますので是非お立ち寄りください。昨年満開時に予約をしに行きましたら早い時間で売り切れとなっていました。特に休日に行くときには早めの予約がオススメです。

さて、十石舟?三十石船?とは1石(こく)=180L=1.8Lビン×100本。十石ですので1.8Lビン1,000本分のお酒が運べる舟となります。

昔はビンではなく樽で運んでいました。通常の樽は4斗樽となります。1斗=18L。1.8Lビン×40本分が1樽となります。一人で飲むには飲みきれない量ですね!(^^)!。

添付画像:案内の立て看板は今年の運行予定となります。その他は昨年の画像です。桜が満開になりましたらまたご案内させて頂きたいと思います。

夜は短し歩けよ乙女

2017年3月18日  kyohime_c  京都の街 

うれしいお知らせが届きました。130万部を超えるベストセラー「夜は短し歩けよ乙女」がアニメーション映画化となります。5月終わりの先斗町、8月の下鴨納涼古本まつり、11月の学園祭などなど。四季折々の京都の魅力と珍事件。恋の顛末は…?と言った内容でしょうか。舞台になる下鴨神社に京姫の飾樽を奉納させて頂いております。少しだけ映り込みとエンドロールクレジットを入れさせて頂けました。4月7日が全国公開となります。パンフレットを頂きましたのでご覧になって下さい。

 

伏見の清酒 日本酒まつり

2017年3月18日  kyohime_c  京都の街 

3月18日は伏見の清酒 日本酒まつりが開催されています。新酒きき酒会の会場となっている御香宮神社は御香水として名水百選に選定されています。伏見は名水が多く10か所の名水スタンプラリーもできるほど水に恵まれています。奥の方には松尾杜もありともにお参りを済ませてきき酒会場へ。京姫は今年の出品用の仕込みました大吟醸を出品させて頂きました。また、伏見夢百衆でもきき酒会を行っており各蔵自慢の清酒が試飲できます。ともに前売りチケット制です。800名限定と伏見の酒のほとんどが試飲できる割には人数が少ないのでゆっくり楽しめます。また、同じ日に10蔵元が蔵開きを行っています。近くと通るとJAZZの音楽や粕汁の美味しそうな香りが漂っています。